電子タバコと禁煙の難しさについて

電子タバコで禁煙しよう


禁煙がなかなかできない、という方は多いものです。
本人がいくら禁煙しようと思っても、会社でのストレスなどで、やっぱり吸わずにはいられない、という環境がなかなか変えられないという要因もあります。
こういった方というのは、タバコを吸う、という行為が癖になっている場合が多いです。
食事をしたら吸う、家に帰ったらとりあえず吸う、といったように癖になってしまっているのです。
こういった場合は、電子タバコで禁煙することが比較的容易です。
癖で吸ってしまっているシーンを全てタバコから電子タバコに変えるだけで、ひとまずは吸いたい欲求が抑えられますので、病院に行くほどではないけどタバコを止めたい、という方には電子タバコはおすすめのアイテムです。

本当に役に立つ禁煙グッズ

タバコを吸っていた人が、タバコを止める決意をするために電子タバコに切り替えることがあります。
電子タバコの構造は、フィルターから空気を吸入すると先端の部分のledライトが光り輝く構造になって、タバコを吸っているという疑似体験を行うことが出来ます。
ただ経験者によると、電子タバコのみではタバコを止めることは難しいと言っていました。
なぜなら、タバコにはニコチンとタールといった刺激成分があるので、それは脳の記憶に残るのです。
よって、脳がニコチン依存症のような状態になっているために、電子タバコでは物足りないと感じて、ついついタバコを我慢できず吸う羽目になるのです。
電子タバコによっては、ニコチン依存の症状を抑える薬用成分を配合させるタイプの物まであり、進化しています。