白髪や抜け毛を防ぐ食生活

髪の毛に優しい食生活

白髪になってしまったら基本的には治りません。
努力によってなってしまった白髪を黒く戻したり、白髪が増えるのを遅らせるのは基本的には難しいと思います。
しかし白髪が増えるスピードをこれ以上早めないようにする食事や栄養成分というものは存在します。
少しでも予防したければ、白髪が加速度的に増えるのを防ぐ食生活を心がけましょう。
白髪によい食生活とは、髪の毛によい食生活。
薄毛や抜け毛に悩んでいる方も、育毛剤に頼るよりも食生活を見直した方が効果が期待できますよ。

良質なタンパク質を摂取しよう

髪の毛は「タンパク質」の一種「ケラチン(Keratin)」で出来ています。
ケラチンは硬蛋白質と呼ばれるもので、私たちの爪や鳥の羽毛や動物の角や蹄(ひづめ)、魚の鱗などを作っています。
その原料となるのは良質のタンパク質です。
特に消化吸収率の観点からは植物性のタンパク質よりも、動物性のタンパク質の方が良いとされています。
卵や肉、鶏ガラのスープなどを積極的に取りましょう。
また納豆や豆腐などの大豆製品は植物性のタンパク質ですが、他の栄養素も豊富なため、おすすめです。

ミネラルとビタミンを豊富に取ろう

髪の毛によいと一般的に言われているのは「ミネラル」が多く含まれている海藻類です。
わかめや昆布などは一部のヘアカラーにも使われているほど髪と相性が良いとされています。

さらにカラダの中でメラニン色素を合成するのに必要なのが「銅」です。
牡蠣や海老、カニ、レバーなどに含まれています。

「亜鉛」は髪質を良くするのに効果があり、不足すると白髪だけでなく抜け毛も増やしてしまいます。
髪の毛に深く関わる物質ですが、通常の食事からは必要量を取りにくいので、サプリメントでの摂取をおすすめします。
また「ビタミンB群」や「ビオチン(ビタミンH)」なども脱毛を防ぐのに有効です。
その他にカルシウムやマグネシウム、鉄、セレン、ヨードなども髪の毛の生成に関わっていると考えられています。
これらの栄養素は多くの育毛剤にも含まれています。

髪の毛によい栄養素はカラダにも良い栄養素

白髪になりにくい食生活とは、ほぼ髪の毛によい栄養素をしっかりとる生活と言い換えることが出来ます。
白髪や抜け毛を起こさないように、少なくとも頭皮や体にとって良い食生活を心がけましょう。
個人的には食事の栄養を補助する目的で、ビタミン類が豊富なサプリメントや健康食品を活用することをおすすめします。
健やかな髪作りを食事や栄養学の観点から考えていきましょう。