育毛剤を使う前に頭皮環境を整えよう

育毛剤は頭皮をケアするためのもの

ヘアケアの悩みで薄毛や抜け毛を心配される方がたくさんいます。
濃密育毛剤ブブカや薬用ポリピュアex、M-1育毛ミストなどを販売する新興メーカーが通販を主体に新たな市場を開拓。
育毛剤の市場はストレスによる薄毛人口の増加によるものか、どんどん伸びています。

それらの育毛剤の多くは、頭皮の血行を良くしたり、栄養を与えることが主な役割。
頭皮の乾燥を防ぐ保湿成分が含まれていることが多く、お肌のケアと同じように頭皮の毛穴をケアしてくれます。

あなたの育毛剤は医薬品?

市販の育毛剤は効果がはっきり出るものが多くはありません。
というのも効果・効能をうたえるものは、そもそも医薬品として販売されています。
「医薬品」とは、有効成分の効能がはっきりしており、厚生労働省により病気の治療・予防に効果があると認められているもの。
一方で通販で販売されているブブカなどの育毛剤も同じですが、多くの育毛剤は医薬部外品としてが分類されています。
「医薬部外品」とは、効果・効能が穏やかで、軽い程度の不快・不調を治したり予防する目的で用いられるものです。
そもそも医薬品ではない育毛剤は、抜け毛や薄毛を治す治療と言うよりも、髪の毛が生える育毛のサポートという目的でしか使えないのです。

育毛剤は使い方次第

市販の育毛剤は医薬品ではないため、もともと効果が穏やかです。
しかしこれらの育毛剤が効果がないと言われるのは、間違っています。
薬効云々ではなく、育毛剤の使い方が間違っているから、というケースが多々あるからです。

これらの多くは育毛剤の使い方が悪いために、有効成分が頭皮と毛根に十分浸透していません。
毛根は頭皮の表面より奥にあるため、しっかり育毛剤を受け入れる準備をしておかないと、頭皮の表面で薬剤が流れてしまったり、アルコール分が揮発するときにいっしょになくなってしまったりします。
頭皮からしっかり育毛剤を毛根に染み渡らせることが出来れば、多くの育毛剤で効果が出てきます。

シャンプーとマッサージで頭皮環境を改善しよう

時々、育毛剤の濃度を上げたものを一生懸命使っている人がいますが、これは逆に毛根や皮膚にダメージを与える可能性もあります。
それよりはきちんと頭皮の汚れや皮脂を落として、薬用成分を浸透させる環境を整えましょう。
ノンシリコンシャンプーが話題ですが、頭皮につけても問題のないスカルプケアシャンプーを用い、必ず優しくマッサージするように髪と頭皮を洗いましょう。
マッサージで頭皮をほぐし、やわらかくすれば、より効果的です。
育毛剤はそれを受ける頭皮を準備して初めて効果を発揮してくれるのです。